2011年12月01日

古川飛行士と足

22日、国際宇宙ステーション(ISS)からソユーズ宇宙船で帰還した古川聡飛行士(47) は
日本人で最長の160日以上宇宙にいたことで話題になりました。
っていうか SoftBankのコマーシャルで有名になりました。
彼は 医者で 今回 自分の体を使っての無重力での実験をされたそうです。
その中で 私が最も興味をもったのは 無重力状態だと 足の皮がどんどんめくれていき
赤ちゃんのようなツルツルの肌になったそうです。
自然と硬い皮が剥けるなんて考えられません。
それほど 重力は地球にかかっていて 私たちの体に影響していると初めて知りました。
足元だけ 無重力になれば 足はいつもピカピカなのに(^◎^)

重力があると 体に圧力がかかる為 歩くほど摩擦がおこります。
靴を履くことにより ますます圧力がかかる
ほとんどの道はアスファルト 衝撃波は 体重の4倍から5倍
現代人は 足への負担は免れないようですね。

宇宙人の足はどうなんでしょうか????{/まいった/}
フットケアサロン magenta(マゼンタ)のホームページはこちら

posted by Magenta at 15:22| Comment(1) | 未分類
この記事へのコメント
昔、絵にあったタコのような火星人を思い浮かべました。
無重力ならば足はいらないかも、です。
Posted by フットクリエイト at 2011年12月01日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: