2012年02月07日

テレビCM 靴先コンコン

テレビのCMで 靴先をコンコンと叩いて出かけるシーンを見たことないですか
車のCMですが
よく 靴を履く時に見る光景ですが
あれって、靴を履く時にしてはいけない事なのです。
逆なのです。

踵をコンコンなのです。
靴を履く時 踵がフィットしていることが1番大事です。
踵がガバガバしていると 足事態が安定しません。
 
足先には隙間は必要なのです 
なぜなら 歩くときに指を動かす為です。
捨て寸といって 足長より 1cmから1・5cm必要になります。
 それを言うと皆さん驚かれます
「大きすぎるし!!」などとおっしゃる方がおおいのですが
甲の部分で締めてやれば 動くことはありません。

靴の中で 足が動かなければ 摩擦がおこりません
うおの目・タコもできなくなることでしょう。

靴の紐が結びっきりで脱ぎ履きしていませんか?
靴のはきかた 間違っていませんか?

本来なら 子供の間に知っておかなければいけない事だと思います。



フットケアサロン magenta(マゼンタ)のホームページはこちら
posted by Magenta at 12:09| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: